読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンケン

ある日の風呂での会話。「おれ、ジャンケンで勝って残念やったことあるよ」と長男。

気になる。釣り広告にありそうな意外性のあるヘッドライン。ついクリックしてしまう。

「給食で、残るときあるやろ、それ誰がもらえるか、欲しい人でジャンケンで決める。こないだは牛乳。で、おれ勝ってしまったんよ」

「よかったやん」

「いや、俺もうお腹いっぱいで、もう無理ってなってたんよ、だから、いらんかってん」

「んじゃ、なんで出場したん?」

「ジャンケンがしたくて。ジャンケンはしたいけど、牛乳はいらん。最後二人になって、あー勝ってもたーって、だから、残念。」

「迷惑なやつやなぁ。だれも幸せになってないやん。いらんなら、出場するなよ。」

「でもジャンケンしたかってんもん」

「ほんでどうしたん?」

「がんばって飲んだ」

「だれかにあげるか、ゆずればいいやろ」

「今度からそうするわ」

 

むしろ、今度から出場させないほうがよかったな。ほんとに欲しいプリンかなんかのときは最期勝てなかったらしい。そんなもんやね。関係各位のかたがた愚息がすみません。ジャンケンはタダでできるし、いいよなぁとか過去にわたくし、彼にいってたような気もします。

 

いまは風呂に浸かりながら、右手と左手で一人でジャンケンしてる。やめなさいというのもあれなので、そのままにしておく。

広告を非表示にする