読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クワガタ逃げた

長男が友達からもらってきたクワガタとカブトムシ、どちらもオスのうち、クワガタがいつのまにかいなくなっている。虫カゴの中の木屑を掘り返しても、いない。

心あたりはあるようで、こないだ遊びにきた友達に見せたとき、しばらく虫カゴの蓋を開けっ放しにしてたらしい。ありゃま〜これは取り乱すかな。

残念そうで寂しそう。

だけど、「クワガタにとってはね、そのほうがよかったかもね」という。

「外にいってね、好きなところいってね、メスと会って、卵産んだらね、また来年子どもが出てくるかもだしね」

この夏になって、バッタとかカマキリとか、虫を捕まえても、すぐ逃がしてあげられるようになった。いつくしむという気持ちが芽生えたね。

 

食卓で、葉っぱも、命やろ。牛乳も、命やろと「命探し」をやっている。

石は?石は命じゃないなというと、「なんで?何が違うん?」

う〜ん。命あるものって、自分で大きくなったり、子ども増やしたりできるよね。でも、ウイルスとか、命あるかんじしないし。火やガン細胞も、そうっちゃそうだしなぁ。なかなかスパっとなかなかいえないなぁ。最近の質問、むずかしくなってきたなぁ。

広告を非表示にする