入賞

出張から帰ると、長女の顔からようやくガーゼが外れていた。一週間のうち、4回皮膚科に通ったおかげで、ずいぶん回復してくれた。胸をなでおろす。 昨日の写生会で描いた消防車の絵がクラスで金賞だったらしく、とてもうれしそうに話をしてくれた。早くその…

「わすれた」

天気がいい朝は自転車に次女を載せて、手押しで保育園まで行く。人力車である。昨日は出張だったから、夜話せなかった。 昨日は保育園で何をやったかきくと「わすれた」とハキハキした口調で返ってくる。 「外に出た?」 「出たよ。おやつ食べたら、外に出る…

家と外

建築家の講演会のあと、息子が好きなカレー屋にいった。食べながら鼻水がでるといって、紙ナプキンを拝借。鼻を噛んだあと、店内をうろちょろして「ゴミ箱どこだ」と探して、トイレの前で見つけて捨てる。おい家だとお前のテーブルの上、注意しないとずっと…

世界への好奇心

息子がサッカー教室の帰り、実にいきいきと「父ちゃん!」といって、ドイツまたはイタリアにサッカー短期体験トレーニングのチラシをもってきていた。ペルージャにいくらしい。40万円、10日間。あいにく我が家には手が届かず、その機会を与えることはで…

声ガラガラ

昨日から引きはじめた風邪で声がガラガラである。「声、なかなか治らないね」と次女がお風呂場で。身体を洗ってあげていたら。 「なんで、声かわるの?」 なんでだろ。 続いて長女を洗う。顔がまだ怪我しているのでタオルを当てて、顔に水がかからないように…

顔に傷

長女がマラソン2位の翌日、学校の帰りに顔面からコケて、顔にどえらい傷をつくった。上の前歯も二本もグラグラ。つらかろう。皮膚科にいくと「もっと早く診せにこい。女の子なんだから」と怒られる。申し訳ない気持ちになるし、それを聞いていた長女も不安…

「うわっ」

次女は甲高い声でよく「うわっ」という。転びそうになったときはもちろん、ちょっとびっくりしたとき、思っていたときとちがうときなど。発見があるときともいえる。 鼓膜に来て、けっこう耳につく。世界をフレッシュにみているかんじがして好きな声だ。

手のほくろの昔話

長女が次女にまつわる昔話を。ぼくらは忘れていた。 次女がまだ年少のとき。家の階段で転んで泣いた。手をついて打ったのもいたかったようだ。 「ほくろ、とれちゃった」と泣いている。 次女の手のひらの手首の近くには小さなほくろがあった。 みんなで近寄…

息子の雑学

図書館のおかげで、雑学に詳しくなった息子から教わることが多くなった。ICカードはどうして「ピッ」とタッチしただけでお金を引き落とすことができるのか。雪の粒子は本当は氷なので透明なはずなのに、なぜ白色に見えるのか、など。 公文のおかげもあって、…

ごちそう

メルちゃんのおかげで、我が家の子どもたちはトンボをみたらエサだと思うようになった。今日も息子と長女で7匹捕まえていた。車で出かけていた先のことだ。ナイロン袋を臨時虫かごにして、家に慌てて返って食べさせた。思いっきり首を伸ばして食べる仕草が…

ロバ

「王様の耳は?」と次女に尋ねたら「はだいろ!」と返ってきた。

ねこのチー

ねこのチーというアニメーションを新たに見始めている娘たち。それを一緒になって見る息子。内容的には幼いはずなのに、面白いのか聞くと「おもしろいよ。あいつかわいい」とのこと。動物好きではあるものの、アニメでも愛おしく思えるらしい。 「動物のお医…

マラソン大会

夫婦でマラソン大会の応援。朝、「父ちゃんも日曜日は頑張った。何位でもいい。自分で全力でがんばったといえれば」と言い聞かせて送り出した。 今年から長女が登場。なんと2位であった。コースにでて、運動場に戻ってきたところで妻と応援するも、こちらを…

42.195

無事完走。ゴール後、ぼくが足を引きずっていたのをみて、背中を次女が押してくれた。息子はリンゴを食べたいというと切ってくれた。長女はぼくが一人で食べきりそうで、妻から「分けろ」といわれた卵とじを真っ先に「パパ食べていいよ」とくれた。長女と次…

前夜

フルマラソンがこの週末に控えており、ゼッケンをもらいにいく。自然と昂る。5度目の挑戦。こっちに帰ってきて、新しく得たもののひとつ。脚よ、もってくれ。この街を好きになる日でもある。

抹茶アイス

長女と街中に教育にまつわるランチ会があり赴く。行きしな、随分むかし、妻や友だちとよくいった街中の商店街の端っこにある抹茶アイス屋がまだあったのでその話をしたら、ランチの後「食べたい」というので買ってあげる。抹茶とバニラのミックス。同じ味だ…

ラグビー

ラグビーのサッカー日本代表のワールドカップでの快進撃。次女が「なんでニッポン勝つの?」と訊くので「がんばってるからね。」と応える。 少し考えてから、「じゃぁ、ロシアって、がんばってないの?」と返ってくる。 聞いてた息子も長女も一緒になって笑…

もりだくさん

今日は他にも盛りだくさんで、妻に任せたイベントも3つ。一つは朝の町会の一斉清掃と、もう一つはご近所さん有志で企画したハロウィン。ハロウィンは保育園が一緒のご近所さんでこじんまりとやるのかと思いきや、総勢50人くらいになっていた。各家を回っ…

親子サッカー

長女が普段通うサッカー教室の、親子サッカーイベントに参加。最近ぼくのバスケの時間と重なるのでなかなか見に行くことができていなかったので、ちょうどよい。これまでギャラリーから見てるだけの「ゲーム」を体験。各人番号を振られ、2つのチームに分か…

寄席

近所の大学で学園祭があって、落語寄席があったので息子と行く。大阪の二人旅行でなんばグランド花月にいって、ゲラゲラ笑っていたから、たぶん好きだろうと思って誘った。天気もいいので自転車でツーリング。 会場は30名ほど。息子は一番前に座る。落語は…

なりきり姫

長女と次女はスーパーボールで遊んだり、壁にお絵かきしたりで、ぼくより遅れて風呂から上がる。ぼくはナポリタンを仕上げる必要があり、「あがる」と言われたタイミングですぐには拭けにいけない。 「自分で拭いて」というと今日は素直におのおのバスタオル…

自然体験教室

我が家の最後の園児、次女。今日は近くの山のバーベキュー場で親子自然体験でめった汁を一緒につくった。火起こしから全部やる。小枝を拾い、新聞紙を丸め、組んで団扇でひたすらあおぐ。普段はせっせと仰ぐのが次女は大好きと聞いていたが、ぼくら大人がが…

街への愛着

「街に愛着をもつには、歩かないといけない。郊外とか、車が主体の街は、その街に愛着が湧きにくい」 岩本さんのことば。郊外は、一気に住宅地になっていき、同世代がすみ、一緒に老いる。子どもは帰ってこないとなると、その先は廃墟になる以外にどうなるの…

機械のように

朝、コーヒーを淹れるためにお湯を沸かしていると次女がよってきて、「いつもより長い」という。沸騰してヤカンの蓋がカチカチ音をたてるまでの時間が長いというのだ。確かに、いつもより少しだけ多く水をいれた。精密である。

今日の登園

気持ちがいい天気なので、自転車で次女と登園する。玄関先で自転車に乗ろうとするけど、大きなゴミ袋が2つ今日はあるので「ちょっと待って」といって、先にあるゴミステーションに先にぼくが自転車でピューッと捨てに行く。次女を「崖側を、歩いてて」と置…

「あがる」

長女とお風呂。ぼくが先にあがり、長女がまだ遊んでいる。長女がお風呂からあがるとき、曇ったガラスの扉に「あがる」と書いて、最後にお尻をギュッとつけてマークをつける。外でぼくがバスタオルを持って待ち構えて、出てきたら身体を包んでやる。ドライヤ…

新しい靴

息子のサッカーのスパイクが新しくなった。うれしそうだが、これまで履いていたのも愛着があるようだ。靴擦れするぞといっていたけど、しなかったようだ。急に寒くなって、ギャラリー席で座っていると凍えるようになった。今日はゴールを決めていた。いいパ…

的確

仕事でかかわっている計画中の建築のイメージ図をみて長女から「車椅子の人はどうするの?」とか「柱の色はこれでいいの?」と的を得たご指摘があってびっくりした。 子どもたちはみんな、楽しそう行ってみたいと思ったらしく、胸を撫で下ろす。早く作ってね…

あたりまえだけど

豊かな生活を送るには、自分が何を豊かだと思うかを知っていなくてはいけない。何かを得ようとする前に。その方がむずかしい。

赤ちゃんの袋

二人でお風呂に入って上がったときのとこ。 またパパくらい大事にしてくれる人と結婚してねと次女にいうとパパと結婚したいといってくれたあと、「結婚って、おんなじ歳のひととしなきゃいけないの?」。パパとママがそうだったり、クラスの同じ歳の子とばか…