男気

長女が夕食時、「ファンカーゴちゃん、どこかな」とまたボソっとつぶやいて、またもや、「もうファンカーゴに乗れない」と悲しくなってシクシク泣きはじめる。変なスイッチが心にできたみたいで、ふとした拍子にそのボタンが押されると、ファンカーゴを思い…

バトン

今日は娘二人は妻とプールへ行き、ぼくは息子と過ごした。 朝はぼくが洗濯やら掃除やら家事をやっている間に彼は宿題をして、そのあと一緒に近くの大学図書館にいった。そこにはワンピースがあって、1巻から読み始める。ゲラゲラ笑いながら読み、笑ったとこ…

朝のスーパー

朝のスーパーに初めていって驚いた。スーパーは朝が一番混むのか。駐車場も200mくらい入り口から離れた隅っこまで車がびっしりでこれまでで一番遠いところにしか停められない。 晩の売れ残りそうなものに割引のタグが貼られる時間にいって、その割引で買…

我が家のものだけど、もう一つ遠慮していることがあって、妻が仕込んだ梅ジュースのための梅シロップの瓶である。妻は飲み物で世界で一番うまいのは梅ジュースと豪語して、一昨年から梅シロップ仕込みに精を出した。今年は長女と次女も長いつまようじでホジ…

ピアノの練習と習い事の思い出

長女のピアノの発表会が近づいてきていて、練習に熱が入っている。ピアノになると妻のほうが厳しくなる。ときどき、出来なくてつらくなって泣いている。ぼくは失敗しようが、練習を怠って前できていたものができなくなろうが、全く気にならない。徹底的にア…

遠慮

バナナを食べたいが、6本しかない。我が子たちはみなバナナが好きである。金曜日、保育園と学童に迎えにいくときに、バナナをもっていくとおやつで喜んで食べる。そのまま長女と息子は公文にいく。朝も食べる。だから、バナナを与えるのは同時だし、3の倍…

はじめてのジャンプ

ここ数回、息子は学童から直接スクールバスに乗って水泳に通っている。新しい水泳キャップを自分で買わなきゃなので、その分のお金を持っていった。 家に帰ってきて、水泳帽と一緒に分厚いジャンブも買ったとよろこんでいる。水泳スクールの入っているビルに…

宿題にて

息子の昨晩。水泳から帰ってきて、シャワーを浴びてご飯を食べて、トイレで長い用を足して、ようやく宿題に着手する。もう娘二人は寝床にいく。 自学ということで自分で去年の夏休みに買ってやらずに残っている算数の問題集を久しぶりに開く。 52人が川釣り…

ワールドカップ

ロシアワールドカップの日本最終戦、対ベルギーは午前3時半からであった。息子は見たいからと8時に床に入ったものの、寝付けず9時ころに「寝れん」と大声で泣いていた。横にいったら落ち着いてすぐ寝入った。 妻も息子も3時半に起きた。ぼくもつられるよ…

斉藤さん

斉藤和義のライブに妻といってきた。初めてである。ライブが始まって最初の歌声を聴いたとき「あ、ほんものだ」と感動する。 たまたまローチケでみたら買えたから衝動買いした。てっきり「歌うたい」が聴けるとおもったら、セットリストにない。新しいアルバ…

ヨーイドンはおまじない

次女の気分を切り替えて、楽しくさせるのに「ヨーイドン」は有効だ。保育園について、靴と靴下を脱いで下駄箱に入れるという一連の作業が、長女より遅れてしまって、ぼくも先で待っているから最後になることがある。置いていかれたと思った次女はイジケモー…

めげない

息子がスイミングを初めて6年くらい。ついに一級にたどりついた。初めたときは年中で両国のルネッサンスだった。家からタクシーで行くという、倹約生活の今からは考えられない贅沢な通い方をしていた。あの時、タクシー乗らずにいま俺の小遣いにほしい。それ…

別れ

長女にとって二つの別れがあった。 一つは教育実習にきている若い先生。「2週間お世話になりました」とお迎えのときに挨拶される。そういえば、前日から「明日で最後なんだって」と長女が寂しそうにしていた。 長女が教室から駆け寄ってきて、「先生にお手…

バナナ

長女が仕入れてきた情報によると、インドネシア語では、バナナは「ピーサン」というらしい。かわいい。かわいすぎる。Pさん。Mr.P。 長女はどうしてその話になったのだろう。給食で出たのかな。我が家は我が子3人とも毎日ピーサン食べる。すっかりバナナと…

反抗期

息子について、学童でおばあちゃんが「そろそろ、反抗期の時期終わる頃なんですが、まだまだありますねー」といわれたらしい。 たしかにああ言えばこういうようになったし、自分で納得しないと、はいそうですかと従わないようになった。意志と判断力の芽生え…

キッチリ大学

大雑把にいうと、人間にはふたつのスタイルがあって、キッチリとザックリという二つがある。我が家ではキッチリ大学かザックリ大学と呼んでいる。我が家の場合、ぼくは完全にザックリ大学である。家事をやるようになって、それこそ多少はキッチリの授業もと…

スラマパギ

保育園のクラスにインドネシアからのお友達が加わったので、長女がインドネシア語に興味をもっている。「スラマバギ(=おはよう)」、「タリマカシ(=ありがとう)」からはじまって、最近は「ジャン(=時計)」、「エナ(=美味しい)」など。ちゃんと覚…

快挙

今週は月曜日から金曜日まで全部夕食をつくった。子どもたちのお風呂、歯磨き、寝かしつけ、洗濯、掃除、布団干しもした。芝刈りはできなかったな。豚のしょうが焼き、鯛の煮付け、豚肉と大根の煮物、ポトフ、ズッキーニのチーズ焼き、ブリカマの塩焼き、な…

何を仕事にするか2

子どもたちへ。 何を仕事にするか、というのを以前、香山先生の本を引用しながら書きました。そして、いま佐伯先生の本『「わかる」ということの意味』を読んで、さらに考えが深まった気がするので、それを伝えます。 「好きなことを仕事にする」という視点…

読書めも〜「わかる」ということの意味/佐伯 胖著

(すごい本に出会ってしまった。自分のもやもやと思っていた子どもの教育に対する考え、どうなんだろと思っていたのだけど、背中を押してくれるような内容で膝を打つ言葉の数々。25年前の本。教育って、この頃から何が進歩してるのだろうか。座右の書。) _…

隠し事

久しぶりにデパートへ行って、買い物をしにいった。妻と長女と次女がH&Mでキャッキャと服を選んでいる。長女はピアノの発表会で着るためのドレスを選んでいる。 息子のハーフパンツを買ってあげようとサイズを選ぼうとしたら、140センチまでのサイズしか…

コナン

決めかねていた息子の10歳の誕生日のプレゼントは図書館にないコナンの日本の歴史10巻セットになった。1万2千円。どうしても10で割って1冊の値段を出してしまう。単行本にしては高すぎる感もあるが、まあ10歳の記念だしそこはケチるところじゃな…

おふろで

梅雨の涼しい日がつづいていて、昨日はお風呂は湯をはることにした。今日は次女と二人ではいる。長女はピアノの練習を妻としている。 ぼくが先に湯船に入り、次に次女をひょいっと抱っこして脚の上に乗せようとすると、彼女の身体が半分くらいしか湯につから…

シチュー

昨晩のシチューは作りすぎたことを告白せねばなるまい。一番大きな鍋に入り切らず、もう一つの味噌汁用の鍋に一部を移すことになった。 長女が手伝ってくれるといって、彼女は包丁でいろいろ切るのが好きだから、ジャガイモやニンジンをたくさん切らせたこと…

まよっている

次女が発熱して今日は看病デーになった。病院いって薬局いって。ついでにガソリンスタンドとスーパーにいって。息子の学校公開週間にしのびこむのは諦める。 保育園でも流行っているらしい。咳もあって、ゴホゴホつらそうだ。 いつもの行く薬局ではアンパン…

熊対策

熊がでても保育園は裏山に園児を連れていって遊ばせたらしい。園として、なかなかその判断をするには勇気がいる判断だとおもう。「事なかれ」な体質だったらしばらくは外出しないだろう。でも、この園は踏み切る。今日のような晴天の日は梅雨入り前はもう数…

関取花

2年ぶりに関取花ちゃんのライブに行けた。長女をつれていった。長女は1歳のとき、New Accoustic Campで一緒に「むすめ」を聴いた。これはとんでもない天才シンガー現れたと勝手にファンになった。いまやNHK教育で「親知らず」が流れていたり、もうスターシ…

近い

ついに熊が保育園の園庭に出たそうだ。保育園の先生もみたのだとか。お迎えにいったらパトカー3台いたのだとか。家のバス停近くでも目撃情報。 ここまで近いとさすがに焦る。狩猟免許取ったほうがいい気になってくる。 子どもたちに背中を向けたら襲ってく…

長女のサッカー

初めて長女のサッカー教室を見に行ったら、みんな横一列にならんで先にならんだボールをヨーイドンで取りに行くというゲームを初めていた。最初のヨーイドンで隣の友だちと同じボールを取ろうとして頭をゴチン。二人とも泣いて、脇のベンチに退場となって、…

三国志

サッカー教室の小さなときから息子を相手してくれるコーチが三国志が好きということで、教室のあと、最近読破した息子と話をしてもらえた。どの人物が好きかを言い合って、それぞれのエピソードを話して盛り上がっている。残念ながら、ぼくは読んだことがな…